NACCS業務仕様・関連資料

CFS貨物引取業務について


CFS貨物引取業務とは

 2020年3月15日より、CFS(保税蔵置場)から輸入CFS貨物を引き取る際の下記業務をNACCSにて行うことが可能となります。

 ①引取を依頼する荷主等がCFSに対して「搬出を依頼する業務
 ②CFSから「搬出依頼に対して回答する業務
 ③CFSが荷主等からの「引取り依頼期限(時間)を制御する業務

【リーフレット】CFS貨物引取業務[PDF:527KB]
【リーフレット】CFS貨物引取業務(蔵置場向け)[PDF:695KB]
【詳細】CFS貨物引取業務について[PDF:1MB]

各業務の入力項目等に関しては、業務コード集をご参照ください。


CFS貨物引取業務対応可能CFS一覧

 NACCSにて輸入CFS貨物引取り業務対応可能(通知先として入力可能)な利用者コード一覧です。

  データ 最新データ掲載日
CFS貨物引取業務対応可能CFS一覧 CSV形式 2021/1/25

※対応可能なCFS一覧は、CFS倉庫が「輸入CFS引取予定情報受付時間登録(UCT)」にて、
 設定情報を登録している利用者コードの一覧を掲載します。
※一覧への掲載を希望しない場合は、
UCT業務の「記事(5)」の末尾に
 「NOCODE」の文言を入力して登録していただくことで、掲示板掲載の対象外とします。


Q&A

全体向け、通関業者等(依頼者)向け、CFS倉庫(回答者)向けのQ&Aをまとめています。  
Q&A一覧

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード