よくある問合せ

EXRの訂正方法について

公開日 1912年10月20日

積戻貨物を輸入保税蔵置場から輸出保税蔵置場に搬出するためEXR(搬出確認登録(輸入保税蔵置場)輸入情報呼出し)を行った後、搬出先保税蔵置場を訂正する場合の処理方法について教えてください。

EXR完了後、輸出貨物の搬出を取り消す場合には、EXC01(搬出確認取消)を行ってください。EXRでは、輸入貨物の搬出のためのEXR01(搬出確認登録(輸入保税蔵置場)輸入情報登録・輸出情報呼出し)と、輸出貨物の搬出のためのEXR02(搬出確認登録(輸入保税蔵置場)輸出情報登録)の2種類の業務が連続で行われるようになっていますが、EXC01を実行すると、EXR02で行った輸出貨物の搬出が取り消されます。(但し、EXR01で行った輸入貨物の搬出は有効となっています。蔵置料等に変更がなければ作業は不要です。)

その後、EXA01(搬出確認登録(AWB・HAWB単位))により搬出先保税蔵置場を入力し、通常の輸出貨物の場合と同様に搬出を行って下さい。

 

(注) EXRには初期画面の取消表示欄に「X」を入力することにより搬出を取り消すことができる機能がありますが、これはEXR01の輸入貨物情報の搬出を取り消すものであり、本件のようにEXR02の輸出貨物情報の搬出を取り消すためには、EXCを行う必要があります。

 

EXRの訂正方法について