貿易関連書類電子保管業務(NACCS-DMS)

「貿易関連書類電子保管業務(NACCS-DMS)」について2019年12月1日にサービスを開始しました。

貿易関連書類電子保管業務(NACCS-DMS)は、NACCSで処理された輸出入許可通知情報(EDC・IDCで出力される許可状通知情報)と併せて、その申告に関連する通関関係書類をNACCS内にご用意するお客様専用の電子保管領域に電子的に管理及び長期保管を可能とするサービスです。

 ◆当業務は平成30年3月29日に目的達成業務として財務大臣の認可を取得しました。




■提供する主な機能
   ◆電子保管機能

    NACCSから出力される輸出入許可情報(EDC・IDC業務で出力される各種許可情報)を、お客様のNACCSパッケージソフト等へ配信すると共に、その写しとなるPDF帳票をNACCS内で自動作成し、自動的にNACCS内にご用意するお客様専用の保存領域に取込み保管します。
 また、その申告に係る各種通関関係書類を電子化してNACCSに送信していただくことで、先に保管された輸出入許可情報と関連付けて保管することができます。

 ◆検索・ダウンロード機能
   NACCSの輸出入申告時に入力した「輸出入者コード」、「社内整理番号」、「申告番号」等を検索キーとして保管されているファイルの検索及び必要に応じて保管ファイルのダウンロードができます。
 また、保存した際のファイル名による全文または部分一致検索も可能です。

 ◆管理機能
    その時点で社内全体で保管している案件数を確認する機能、保管期間を超過した保管ファイルを自動的にシステムから削除する機能や企業内におけるアクセス権限の設定機能など、管理面のご負担を軽減する機能を提供します。

■サービスの特徴
   ◆預けて安心

      お客様の書類データの保管先は、災害等に強い高品質なデータセンターに設置されたサーバ(NACCS)で保管するため、安心してお預けいただけます。

 ◆強固な情報セキュリティ対策・確実なバックアップ環境を標準装備
      お客様の書類データはNACCSの中に保管するため、NACCSの強固なセキュリティ対策及びバックアップ環境が準拠されることから、お客様の重要な営業秘密情報を安全・確実にお守りします。

 ◆導入時の負担を軽減
       通関業者様が普段お使いのNACCSを通じて利用が可能なため、導入時の運用面や機器等の準備といった負担が軽減されます。

 ◆システム資産のスリム化に寄与
   本サービスは通関業者様が普段お使いのNACCSを通じたサービス型でご提供するため、専用システムの構築及び保守が不要になります。
 

 

 

本件に係る問合せ先

輸出入・港湾関連情報処理センター(株)
営業企画部 営業推進課
TEL:044-520-6263
E-mail:solution-pro@naccs.jp