よくある問合せ

IMAにおいて共通部と個別部のHAWB件数が異なっている場合の処理について

公開日 1912年06月01日

IMA(混載貨物仕立状況照会)により仕立状況を確認したところ、共通部のHAWB件数欄の出力件数と個別部のHAWB番号欄の出力件数が異なっています。対処方法について教えてください。

HDF01(混載仕立情報登録)を行った後に貨物が保税蔵置場に搬入されなかった場合、当該HAWBの情報は3日間(日曜・祝祭日除く)でシステムから削除されますが、削除されたHAWBの情報はIMA共通部のHAWB件数・総個数・総重量には反映されません。
本事象が発生した場合は、まずHDF01において処理識別欄に「C」(情報取消し)を入力し、当該MAWBに割り当てられている全HAWB(削除されたものを除く)の割当てを取り消した後、HDF(混載仕立情報登録呼出し)において処理区分「F」(MAWB情報強制訂正)を入力し、当該MAWBに登録されているHAWB情報を初期化してください。その後、再度、HDF01により混載仕立を行ってください。