【再掲載】デジタル証明書の更新後も更新作業を促す画面が表示される事象について

公開日 2022年09月22日

現在、デジタル証明書の更新後に古いデジタル証明書が自動削除されず、デジタル証明書の更新作業を促す
「【注意喚起】デジタル証明書有効期限チェック」の画面が引き続き表示される場合があることが確認されています。
この度はご不便をおかけし、大変申し訳ございません。
デジタル証明書の更新後に古いデジタル証明書が自動削除されない場合には、専用のデジタル証明書削除ツールにて、
古いデジタル証明書の削除をお願いいたします。
※ netNACCSまたはNACCS専用線の端末からアクセスしてください。(インターネットからの閲覧は出来ません)
<デジタル証明書削除ツール>
デジタル証明書削除ツール[VBS:9KB]
(削除ツールによる旧証明書の削除手順)
(抜粋)NACCS専用デジタル証明書 更新手順書(3.2.1 削除ツールによる旧証明書の削除)[PDF:402KB]

また、下記の対処方法をご参照いただき、手動で古いデジタル証明書を削除いただくこともできます。

(手動による旧証明書の削除手順)
(抜粋)NACCS専用デジタル証明書 更新手順書(3.2.2 手動による旧証明書の削除)[PDF:772KB]

※ 誤って新しいデジタル証明書を削除した場合、デジタル証明書の再発行を行う必要がありますので、ご留意ください。
※ 添付の対処方法は2022年8月時点におけるデジタル証明書取得手順書の抜粋版となります。

【ご参考】画面イメージ

※ 新しいデジタル証明書が正常に取得されている場合、古いデジタル証明書の更新期限を経過すると、デジタル証明書の
  更新作業を促す画面は、新しいデジタル証明書の更新可能期間となるまで表示されません。
※ 新しいデジタル証明書が正常に取得されていれば、NACCSのご利用に関して特段支障は生じません。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード