よくある問合せ

輸入申告事項登録(IDA)時における原産地コードの入力について

公開日 2017年10月07日

第6次NACCSにおける原産地コードの入力方法について教えてください。

第6次NACCSで使用する原産地コードは4桁となります。1~2桁目は「原産地(申告)種別」3桁目は「原産地証明者等区分」4桁目は「貨物の種類」です。
但し「R:貨物、インボイス等により原産地が確認できる貨物」または「N:原産地が確認できない貨物」を
1桁(RまたはN)で入力した場合は、それぞれ「WKOR」「WKON」にシステムで自動変換します。


以下の資料も併せてご参照ください。
【参考資料】(抜粋版)
次期(第6次)NACCS移行説明会資料
別紙1 第6次NACCSへの移行において変換処理を行う番号・コード 3.原産地証明書識別 P58~62

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード